月曜の朝に、新たな刺激を有名トップも配信最強ビジネスリーダーになる「3分間レッスン」充実の月代わり特集と連載が毎月届いて880円/月〜 月曜の朝に、新たな刺激を有名トップも配信最強ビジネスリーダーになる「3分間レッスン」充実の月代わり特集と連載が毎月届いて880円/月〜

メールマガジン購読お申し込み メールマガジン購読お申し込み

特集&新連載のお知らせ

2021.7.1「2021年10月の月替わり特集」は、菊地唯夫氏

2021年10月の月替わり特集は、ロイヤルホールディングス会長の菊地唯夫さんに決定しました。テーマは、現在調整中です。

2021.7.1「2021年9月の月替わり特集」は、鈴木敏文氏

2021年9月の月替わり特集は、セブン&アイ・ホールディングス名誉顧問の鈴木敏文さんに決定しました。テーマは、現在調整中です。

2021.7.1「2021年8月の月替わり特集」は、小巻亜矢氏

2021年8月の月替わり特集は、サンリオエンターテイメント社長の小巻亜矢さんに決定しました。テーマは、「どうすれば、人はやる気になってくれるのか」(仮)です。

2021.6.3「2021年7月の月替わり特集」は、桜井一宏氏

2021年7月の月替わり特集は、日本酒「獺祭」で知られる旭酒造社長の桜井一宏さんに決定しました。テーマは、「リーダーに必要な人脈」(仮)です。

2021.4.1「2021年6月の月替わり特集」は、川端克宜氏

2021年6月の月替わり特集は、アース製薬社長の川端克宜さんに決定しました。テーマは、「どんなときも、自分から動く」(仮)です。

2021.3.4「2021年5月の月替わり特集」は、ジェローム・シュシャン氏

2021年5月の月替わり特集は、ゴディバジャパン社長のジェローム・シュシャンさんに決定しました。テーマは、「顧客の真正面に立つ」(仮)です。

2021.3.1 新連載は、遠藤功氏

経営コンサルタント・遠藤功さんの連載をスタートします。テーマは、「すべてのイノベーションは“個”からはじまる」です。2021年3月8日配信分から、月2回の配信となります。

2021.1.28「2021年4月の月替わり特集」は、新浪剛史氏

2021年4月の月替わり特集は、サントリーホールディングス社長の新浪剛史さんに決定いたしました。テーマは、「人に任せる勇気」(仮)です。

2020.12.31「2021年3月の月替わり特集」は、ハロルド・ジョージ・メイ氏

2021年3月の月替わり特集は、日本コカ・コーラ副社長、タカラトミー社長、新日本プロレスリング社長などをつとめたハロルド・ジョージ・メイさんに決定しました。テーマは、「お金をかけないブランディング」(仮)です。

2020.12.31「2021年2月の月替わり特集」は、安部修仁氏

2021年2月の月替わり特集は、𠮷野家ホールディングス会長の安部修仁さんに決定しました。テーマは、「次のトップリーダーは、こうして見抜く」(仮)です。

2020.11.24「2021年1月の月替わり特集」は、横田英毅氏

2021年1月の月替わり特集は、ネッツトヨタ南国相談役の横田英毅さんに決定しました。テーマは、「メンバーの幸せを一番に考えるリーダーシップ」です。

2020.10.30「12月の月替わり特集」は、鈴木博毅氏

2020年12月の月替わり特集は、ビジネス戦略コンサルタントの鈴木博毅さんに決定しました。テーマは、「戦略思考がぐっと身近になる方法――ビジネスリーダーのための戦略「超」入門」です。

2020.10.1「11月の月替わり特集」は、谷田千里氏

2020年11月の月替わり特集は、タニタ社長の谷田千里さんに決定しました。テーマは、「新規事業の進め方」(仮)を予定しています。

2020.8.31「10月の月替わり特集」は、星﨑尚彦氏

2020年10月の月替わり特集は、メガネスーパー社長の星﨑尚彦さんに決定しました。テーマは、「黒字店長は、赤字店長とどこが違うか」(仮)を予定しています。

2020.8.31「9月の月替わり特集」は、鈴木敏文氏

2020年9月の月替わり特集は、セブン&アイ・ホールディングス名誉顧問の鈴木敏文さんとなります。また、オリックス シニア・チェアマン宮内義彦さんによる不定期連載「私の、世界経済の読み方」がスタートします。

3つの特徴

  • 1

    リーダー向けに特化

    経営者、経営幹部、後継者、プロジェクトリーダーなど、チームを率いる方に役立つ情報に特化してお届けします。有名経営者や専門家に、「今リーダーに必要なテーマ」でインタビューします。

  • 2

    短時間で読める

    多忙なビジネスリーダーが効率的に情報を得るため、1つの記事をコンパクトにまとめます。3〜5分間で読めるよう、月替わり特集と連載記事をお届けします。

    *連載は、不定期になる場合があります。

  • 3

    質問ができる

    月替わりで登場する有名経営者、第一人者と言われる専門家への事前質問を受け付けます。回答は、メルマガ記事内に掲載してまいります。

    *インタビューを事前告知できる場合にかぎります。また、すべての質問にお答えできない可能性もありますので、ご了承ください。

編集チームより

「ぶれない軸」を持ち続けるために

ビジネスリーダーは、次々に現れる課題、襲ってくるトラブルを前に、長期的な視点、もともと持っていた目的意識や全体感を失いがちです。目的に立ち返るため、もともと描いていた成功へのレールから脱線しないために、高い視座を持った経営者や専門家の言葉に、定期的に触れてみませんか。

PRESIDENT経営者カレッジとは

1963年の創立以来、ビジネスパーソンに向けた情報発信を続けてきたプレジデント社が、経営者や後継者、経営者を目指すビジネスリーダーの「参謀」となるべく、2019年にスタートしたのが「PRESIDENT経営者カレッジ」です。リアルセミナー、動画セミナー、インタビュー記事、メールマガジンなどを通じ、各界トップランナーの叡智に触れる機会をみなさまに提案してまいります。

無料公開記事

月替わり特集の無料公開分をお読みいただけます。

第1回
「会話と対話は違う」

職場の雰囲気を明るく変えたい、チームのメンバーに、もっとやる気になってほしい……。そんな悩みや課題を抱えるリーダーは少なくありません。実は私自身も、そう願った一人でした。

無料公開記事を読む

※ウィンドウが表示されます。

サービス概要

  • 価格
    年間プラン
    880円/月

    ※10,560円/年

    月額プラン
    1,100円/月

    ※ご契約いただいた月に配信されたメルマガは、バックナンバーのコーナーからお読みいただけます。
    ※月額プランは毎月のお支払い、年間プランは一括のお支払いとなります。
    ※年間プランでお申し込みいただくと、年間2,640円のお得となります。

  • 発行周期

    毎週月曜日(月4回)

    ※第5週がある場合、第1週か第5週の配信は、お休みとなります。
    ※月曜AM7時以降に配信予定です(場合により遅れることもございます)。

    発行形式

    パソコン

    スマートフォン向け

    お支払い方法

    クレジットカード

    クレジットカード

    ※1回払いのみとなります。

ご購読までの流れ
  • STEP 1

    当サイト内の入会申込より、お支払い情報やお客様のアドレスを登録!

  • STEP 2

    毎週月曜日に、ご登録いただいたアドレスにメルマガが届く!

  • STEP 3

    月替わりで登場する有名経営者や専門家への事前質問も可能に!

バックナンバー

  • 当月の配信分をバックナンバーとしてお読みいただけます。
    メルマガ配信日の12時30分以降に最新号が追加されますが、場合により、遅れることがございますのでご了承ください。

    ログイン

    ※月が切り替わったら記事の掲載を終了いたします。
    ※バックナンバーの閲覧は、メルマガ購読者様限定のサービスとなります。
    ※掲載終了したバックナンバーは電子で販売予定です(2021年以降)。

お問い合わせ 個人情報の取り扱い 特定商取引法に基づく表示

Copyright © PRESIDENT, Inc. All rights reserved.

おすすめ

年間プラン

¥880/月

一括 ¥10,560
※12ヶ月分まとめてのお支払いとなります。
※自動更新となります。

月額プラン

¥1,100/月

※自動更新となります。

第1回「会話と対話は違う」

 ――会話ではなく、対話をしているか

 職場の雰囲気を明るく変えたい、チームのメンバーに、もっとやる気になってほしい……。そんな悩みや課題を抱えるリーダーは少なくありません。実は私自身も、そう願った一人でした。

 私は1983年にサンリオに新卒で入社後、結婚退社、出産を経て関連会社に復帰していました。そして2014年、私がサンリオピューロランドの顧問に任命されたとき、その集客数は低迷していました。着任直前、まずは1人の客として久しぶりにピューロランドを訪れた私は、くすんだように沈んだ空気のテーマパークの姿に愕然としました。そして、この部分を改善したら絶対によくなると感じたことをリストアップしてみました。

 コンセプトや理念が伝わっていない、スタッフの教育が行き届いていない、ショー、イベント、グッズの連動がない……。そのリストをあらためて分析しながら、私は「問題の根幹にあるコミュニケーション不足を解決すれば絶対によくなる」と確信しました。

 着任して、各部署の空気や廊下ですれ違うスタッフの表情、社員が休憩している食堂の雰囲気、会議の様子などを観察していると、スタッフ一人ひとりに殻があると感じました。私とのコミュニケーション以前に、社員同士のコミュニケーションができていない。もちろん、日常のあいさつなど「会話」はあるのですが、「対話」になっていないのです。そのため、個々のモチベーションが高まらず、互いにアイデアを引き出し合う、学び合うといった相互作用が起こりにくい雰囲気でした。

 ――対話がもたらすのは、利他の精神

 会話と対話は、どう違うのか。会話は、日常の中で情報を共有・伝達したり、指示を与える際に言葉を交わすこと。これに対して対話は「楽しい」「悲しい」「うれしい」「ワクワクした」などの感情表現を含むやりとりです。会話は言葉のやり取り、対話は気持ちのやり取りと言えばわかりやすいでしょうか。

 「休みの日は何をしているの?」とプライベートに立ち入る話ではなく、「営業先でこんな出来事があって楽しかった」「売上を上げるために、こんな点を頑張っているので聞いて欲しい」など、仕事という共通の目的の上で、感情のこもった言葉を使って気持ちのキャッチボールをする。それがビジネスの現場に必要な対話です

 対話にはゴールはありません。永遠に深まっていくものです。ゴールがないということは、逆にいえば、可能性が無限大だということです。会話の場合は、「いつまでに、何を、どうしてください」「わかりました」で終わりですよね。それに対して対話は、「今日、こんな出来事があってうれしかった」「こんな言葉をかけられて悲しかった」という話から始まり、例えば1年後には、「去年はこう言ってたけど、今はどう?」と、相互理解がさらに深まっていくのです。

 互いの理解が深まると信頼が深まる。そして信頼が深まることによって「あの人が頑張ってるから自分も頑張ろう」「あの人のために力になりたい」という利他の精神が育まれていきます。先ほど対話にゴールはないと言いましたが、あえてゴールを設定するなら、利他の気持ちが芽生えたときかもしれません。お互いの感情をやりとりする対話こそが、モチベーションを引き出すコミュニケーションの第一歩なのです。

 「メンバーと対話してみましょう」という前に、ある「準備」が必要です。

(構成/梅澤 聡)

■小巻亜矢(こまき・あや)
株式会社サンリオエンターテイメント代表取締役社長。サンリオピューロランド館長。東京出身、東京大学大学院教育学研究科修士課程修了。1983年(株)サンリオ入社。結婚退社、出産などを経てサンリオ関連会社にて仕事復帰。2014年サンリオエンターテイメント顧問、15年同社取締役、16年サンリオピューロランド館長就任。19年6月より現職。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
有名トップも配信
最強ビジネスリーダーになる
「3分間レッスン」
[無料公開版]2021年7月29日発行
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
*本メールマガジンの無断転載・転送は著作権法により禁じられています。