月曜の朝に、新たな刺激を有名トップも配信最強ビジネスリーダーになる「3分間レッスン」充実の月代わりレターと連載が毎月届いて880円/月〜 月曜の朝に、新たな刺激を有名トップも配信最強ビジネスリーダーになる「3分間レッスン」充実の月代わりレターと連載が毎月届いて880円/月〜

メールマガジン購読お申し込み メールマガジン購読お申し込み

バックナンバーで読めるレター

※登場した経営者の一部です。詳細はバックナンバーをご覧ください
※敬称略。企業名、肩書は掲載当時のもの
小巻亜矢
小巻亜矢
サンリオエンターテイメント 社長
「部下と感情で向き合う」
新浪剛史
新浪剛史
サントリーホールディングス 社長
「耐えてこそ、器が広がる」
鈴木敏文
鈴木敏文
セブン&アイ・ホールディングス 名誉顧問
「顧客本位の経営」
谷田千里
谷田千里
タニタ 社長
「新規事業の進め方」
宮内義彦
宮内義彦
オリックス シニア・チェアマン
「ビジネスリーダー羅針盤」
ジェローム・シュシャン
ジェローム・シュシャン
ゴディバジャパン 社長
「顧客と一体になれ」

特集&新連載のお知らせ

2022.6.30「2022年8月の月替わりレター」は、冨澤昌宏氏

2022年8月の月替わりレターは、メガネトップ社長の冨澤昌宏さんに決定しました。テーマは「凡人リーダーの戦い方」です。

2022.6.2「2022年7月の月替わりレター」は、高家正行氏

2022年7月の月替わりレターは、カインズ社長の高家正行さんに決定しました。テーマは「プロ経営者が語る『チームの改革、自分の改革』」です。

2022.6.2 新連載「プレジデント誌連動企画」がスタート

プレジデント誌から厳選した記事を不定期でお届けします。2022年6月6日配信ぶんからの開始です。

2022.5.2「2022年6月の月替わりレター」は、佐藤順一氏

2022年6月の月替わりレターは、カクヤス社長の佐藤順一さんに決定しました。テーマは「自発的に成果をあげる社員の育て方」です。

2022.3.31「2022年5月の月替わりレター」は、張成煥氏

2022年5月の月替わりレターは、バイドゥ社長の張成煥さんに決定しました。テーマ「『アプローチが真逆』中国先進企業のリーダーの成果の出し方」です。

2022.3.3「2022年4月の月替わりレター」は、粟⽥貴也氏

2022年4月の月替わりレターは、トリドールホールディングス社長の粟⽥貴也さんに決定しました。テーマ「弱いリーダーだからこそできる『覚悟の決め方』と『やり抜く力』」です。

2022.3.3 新連載は、堀紘一氏

ドリームインキュベータ創業者の堀紘一さんによる新連載「堀紘一の『リーダーたちの疑問や悩みに答えてみた』」をスタートします。2022年3月7日からの配信です。

2022.2.3「2022年3月の月替わりレター」は、佐藤章氏

2022年3月の月替わりレターは、湖池屋社長の佐藤章さんに決定しました。テーマは「わが成功法則――ヒットを生む基本公式と核となる考え方」です。

2021.12.28「2022年2月の月替わりレター」は、井上高志氏

2022年2月の月替わりレターは、LIFULL社長の井上高志さんに決定しました。テーマは「なぜ『利他主義』を掲げると業績が伸びるのか」です。

2021.12.2「2022年1月の月替わりレター」は、小林一雅氏

2022年1月の月替わりレターは、小林製薬会長の小林一雅さんに決定しました。テーマは、「ヒットを生み出す努力」です。

2021.11.4「2021年12月の月替わりレター」は、遠山正道氏

2021年12月の月替わりレターは、スマイルズ社長の遠山正道さんに決定しました。テーマは、「優秀な社員を逃がさない方法」です。

2021.9.29「2021年11月の月替わりレター」は、高原豪久氏

2021年11月の月替わりレターは、ユニ・チャーム社長の高原豪久さんに決定しました。テーマは、「欲なきものに成功なし」です。

2021.7.1「2021年10月の月替わりレター」は、菊地唯夫氏

2021年10月の月替わりレターは、ロイヤルホールディングス会長の菊地唯夫さんに決定しました。テーマは、「危機時における従業員とのコミュニケーション」です。

2021.7.1「2021年9月の月替わりレター」は、鈴木敏文氏

2021年9月の月替わりレターは、セブン&アイ・ホールディングス名誉顧問の鈴木敏文さんに決定しました。テーマは、「新市場を拓く発想」です。

2021.7.1「2021年8月の月替わりレター」は、小巻亜矢氏

2021年8月の月替わりレターは、サンリオエンターテイメント社長の小巻亜矢さんに決定しました。テーマは、「部下と感情で向き合う」です。

2021.6.3「2021年7月の月替わりレター」は、桜井一宏氏

2021年7月の月替わりレターは、日本酒「獺祭」で知られる旭酒造社長の桜井一宏さんに決定しました。テーマは、「リーダーが持つべき、理想の人脈」です。

2021.4.1「2021年6月の月替わりレター」は、川端克宜氏

2021年6月の月替わりレターは、アース製薬社長の川端克宜さんに決定しました。テーマは、「コミュニケーションは足りているか」です。

2021.3.4「2021年5月の月替わりレター」は、ジェローム・シュシャン氏

2021年5月の月替わりレターは、ゴディバジャパン社長のジェローム・シュシャンさんに決定しました。テーマは、「顧客と一体になれ」です。

2021.3.1 新連載は、遠藤功氏

経営コンサルタント・遠藤功さんの連載をスタートします。テーマは、「すべてのイノベーションは“個”からはじまる」です。2021年3月8日配信分から、月2回の配信となります。

2021.1.28「2021年4月の月替わりレター」は、新浪剛史氏

2021年4月の月替わりレターは、サントリーホールディングス社長の新浪剛史さんに決定いたしました。テーマは、「耐えてこそ、器が広がる」です。

2020.12.31「2021年3月の月替わりレター」は、ハロルド・ジョージ・メイ氏

2021年3月の月替わりレターは、日本コカ・コーラ副社長、タカラトミー社長、新日本プロレスリング社長などをつとめたハロルド・ジョージ・メイさんに決定しました。テーマは、「お金より、愛を注ぐ」です。

2020.12.31「2021年2月の月替わりレター」は、安部修仁氏

2021年2月の月替わりレターは、𠮷野家ホールディングス会長の安部修仁さんに決定しました。テーマは、「将来のトップリーダーは、こうして見抜かれる」です。

2020.11.24「2021年1月の月替わりレター」は、横田英毅氏

2021年1月の月替わりレターは、ネッツトヨタ南国相談役の横田英毅さんに決定しました。テーマは、「メンバーの幸せを一番に考えるリーダーシップ」です。

2020.10.30「12月の月替わりレター」は、鈴木博毅氏

2020年12月の月替わりレターは、ビジネス戦略コンサルタントの鈴木博毅さんに決定しました。テーマは、「戦略思考がぐっと身近になる方法――ビジネスリーダーのための戦略『超』入門」です。

2020.10.1「11月の月替わりレター」は、谷田千里氏

2020年11月の月替わりレターは、タニタ社長の谷田千里さんに決定しました。テーマは、「新規事業の進め方、考え方」を予定しています。

2020.8.31「10月の月替わりレター」は、星﨑尚彦氏

2020年10月の月替わりレターは、メガネスーパー社長の星﨑尚彦さんに決定しました。テーマは、「黒字店長と赤字店長、どこが違うか?」を予定しています。

2020.8.31「9月の月替わりレター」は、鈴木敏文氏

2020年9月の月替わりレターは、セブン&アイ・ホールディングス名誉顧問の鈴木敏文さんとなります。また、オリックス シニア・チェアマン宮内義彦さんによる不定期連載「私の、世界経済の読み方」がスタートします。

3つの特徴

  • 1

    リーダーの心の糧

    社会の変化、企業の変化、働き手の意識の変化から、チームマネジメントはますます難しくなっています。一人で戦う必要はありません。百戦錬磨の経営トップが伴走します。

  • 2

    時間をとらない

    忙しい日々のなか、時間をとりすぎないよう、1つのメッセージをコンパクトにまとめてお送りします。月曜日の朝、1週間分の「心のエネルギー」を受け取ってください。

  • 3

    編集参加できる

    リーダーとしての悩み、課題を編集チームに送ってください。可能な限り、取材の際に、質問をぶつけてみます。また、こんな経営者からのメッセージがほしい、こんなテーマで聞いてほしいというリクエストも受け付けます。

編集チームより

「ぶれない軸」を持ち続けるために

ビジネスリーダーは、次々に現れる課題、襲ってくるトラブルを前に、長期的な視点、もともと持っていた目的意識や全体感を失いがちです。目的に立ち返るため、もともと描いていた成功へのレールから脱線しないために、高い視座を持った経営者や専門家の言葉に、定期的に触れてみませんか。

PRESIDENT経営者カレッジとは

1963年の創立以来、ビジネスパーソンに向けた情報発信を続けてきたプレジデント社が、経営者や後継者、経営者を目指すビジネスリーダーの「参謀」となるべく、2019年にスタートしたのが「PRESIDENT経営者カレッジ」です。リアルセミナー、動画セミナー、インタビュー記事、メールマガジンなどを通じ、各界トップランナーの叡智に触れる機会をみなさまに提案してまいります。

無料公開記事

月替わりレターの無料公開分をお読みいただけます。

第1回
「トップダウン経営を辞めるべき理由」

 メガネトップは、創業46年目。売り上げは約800億円と業界1位の規模になりました。礎を築いたのは創業者で会長の父で、私は2008年に二代目として会社を引き継ぎました。28歳のときのことです。

無料公開記事を読む

※ウィンドウが表示されます。

サービス概要

  • 価格
    年間プラン
    880円/月

    ※10,560円/年

    月額プラン
    1,100円/月

    ※これまでに配信された全てのメルマガを、バックナンバーのコーナーからお読みいただけます。
    ※月額プランは毎月のお支払い、年間プランは一括のお支払いとなります。
    ※年間プランでお申し込みいただくと、年間2,640円のお得となります。

  • 発行周期

    毎週月曜日(月4回)

    ※第5週がある場合、第1週か第5週の配信は、お休みとなります。
    ※月曜AM7時以降に配信予定です(場合により遅れることもございます)。

    発行形式

    パソコン

    スマートフォン向け

    お支払い方法

    クレジットカード

    クレジットカード

    ※1回払いのみとなります。

ご購読までの流れ
  • STEP 1

    当サイト内の入会申込より、お支払い情報やお客様のアドレスを登録!

  • STEP 2

    毎週月曜日に、ご登録いただいたアドレスにメルマガが届く!

  • STEP 3

    月替わりで登場する有名経営者や専門家への事前質問も可能に!

バックナンバー

  • これまでに配信された全てのメルマガをバックナンバーとしてお読みいただけます。
    メルマガ配信日の12時30分以降に最新号が追加されますが、場合により、遅れることがございますのでご了承ください。

    ログイン

    ※バックナンバーの閲覧は、メルマガ購読者様限定のサービスとなります。

バックナンバーで
読めるレター一覧

※敬称略。企業名、肩書は掲載当時のもの
冨澤昌宏
メガネトップ 社長
「凡人リーダーの戦い方」
佐藤順一
なんでも酒や カクヤス 社長
「自発的に成果をあげる社員の育て方」
張成煥
バイドゥ 社長
「『アプローチが真逆』中国先進企業のリーダーの成果の出し方」
粟田貴也
トリドールホールディングス 社長
「弱いリーダーだからこそできる『覚悟の決め方』と『やり抜く力』」
堀紘一
ドリームインキュベータ 創業者
「リーダーたちの疑問や悩みに答えてみた」
佐藤章
湖池屋 社長
「わが成功法則――ヒットを生む基本公式と核となる考え方」
井上高志
LIFULL 社長
「なぜ『利他主義』を掲げると、業績が伸びるのか」
小林一雅
小林製薬 会長
「ヒットを生み出す努力」
遠山正道
スマイルズ 社長
「優秀な社員を逃がさない方法」
高原豪久
ユニ・チャーム 社長
「欲求なき者に成功なし」
菊地唯夫
ロイヤルホールディングス 会長
「危機時における従業員とのコミュニケーション」
鈴木敏文
セブン&アイ・ホールディングス
名誉顧問
「新市場を拓く発想」
小巻亜矢
サンリオエンターテイメント 社長
「部下と感情で向き合う」
桜井一宏
旭酒造 社長
「リーダーが持つべき、理想の人脈」
川端克宜
アース製薬 社長
「コミュニケーションは足りているか」
ジェローム・シュシャン
ゴディバジャパン 社長
「顧客と一体になれ」
新浪剛史
サントリーホールディングス 社長
「耐えてこそ、器が広がる」
遠藤功
シナ・コーポレーション
コンサルタント
「すべてのイノベーションは“個”からはじまる」
ハロルド・ジョージ・メイ
前新日本プロレスリング 社長
「お金より、愛を注ぐ」
安部修仁
吉野家ホールディングス 会長
「将来のトップリーダーは、こうして見抜かれる」
横田英毅
ネッツトヨタ南国 相談役
「決して遠回りじゃない。『社員の幸せ』を一番に考えるリーダーシップ」
鈴木博毅
MPS Consulting コンサルタント
「戦略思考がぐっと身近になる方法――ビジネスリーダーのための戦略『超』入門」
谷田千里
タニタ 社長
「新規事業の進め方」
星崎尚彦
メガネスーパー 社長
「黒字店長と赤字店長、どこが違うか?」
宮内義彦
オリックス シニア・チェアマン
「ビジネスリーダー羅針盤」
鈴木敏文
セブン&アイ・ホールディングス
名誉顧問
「顧客本位の経営――緊急提言『ポストコロナの考え方』」

お問い合わせ 個人情報の取り扱い 特定商取引法に基づく表示

Copyright © PRESIDENT, Inc. All rights reserved.

おすすめ

年間プラン

¥880/月

一括 ¥10,560
※12ヶ月分まとめてのお支払いとなります。
※自動更新となります。

月額プラン

¥1,100/月

※自動更新となります。

第1回「トップダウン経営を辞めるべき理由」

 メガネトップは、創業者で現会長の父が前身となる平和堂を静岡に開いて46年目、売り上げは800億円を超え業界1位の規模になりました。礎を築いたのは父で、私は2009年に二代目として会社を引き継ぎました。28歳のときのことです。

 ある日突然、先代である父から「来年からお前を社長にする」と言われ、青天の霹靂でした。私は一人息子なので、いつか社長になるだろうと幼少期の頃より意識していましたが、まさかこんなに早く就任することになるとは思っておらず、動揺しました。プレッシャーは非常に大きかったです。

 当時の私は、メガネトップに入社して3年程度の未熟者で、眼鏡小売業界の知識不足はもちろん、マネジメントを行う立場としても覚えなければいけないことがまだまだあると日々痛感していました。

 そんな私に、先代は「事業継承の失敗はえてして継承の準備不足が原因である」とし、早いうちから社長の立場に就いて経験を積むことの重要性を説きました。「万が一、お前がなにか失敗をしても、俺が元気であるうちならばリカバリーできる。失敗と修正の経験を積むことが、本物の社長になる近道だ」と言われ、覚悟を決めました。

 先代はカリスマでした。組織をトップダウンで動かし、町の小さな眼鏡店だったメガネトップを全国チェーンに成長させた実績があります。廊下を歩けば一同が一斉に道を開ける……社員に緊張感を与える、絶対的な存在だったのです。

 対して私は用意されたポジションに座っただけの二世社長。成果を出して成りあがったわけではなく、就任時は「お手並み拝見」と、試すような視線を浴びたものです。

 自分の置かれた立場は頭では理解していたものの、「先代とくらべて力不足と思われたくない」——その一心から、どうすれば社員たちから認めてもらえるか、そんなことに囚われていました。ところが、ふとしたきっかけで、気分が楽になったのです。

 先代と一緒に不採算店舗の視察を行っていたときのことです。店に入ると、空気が一変しました。商品陳列や接客態度など、なるべく悪いところが見えないように取り繕っています。社員の気持ちは察してあまりありますが、偽りの姿を見せても本質的な解決にはつながりません。威厳がありすぎる先代と社員の間にはどうしようもなく厚い壁ができてしまっていました。

 対して私には社員を緊張させるようなオーラはありません。ポジションは違えども、対等に話ができる。そこが私の強みかもしれない、そう気づきました。

 自分は正当に評価されていないと感じていたり、もっと自分はできるんだとくすぶっている社員ほど、一方的ではなく、相互コミュニケーションを求めてきます。社員には会社の一員としてやりたいこと、成し遂げたいことが必ずあります。徹底して目線を合わせ、「あなたの意見を尊重します」と認め、耳を傾けてあげれば、会社やチームへの本音は自然とこぼれてきます。そうした声こそ、会社がよくなるヒントなのです。

 よくよく考えれば、売り上げを立てているのは社員たちです。なので、私の社長就任後は、社員にも営業方針を考えてもらい、責任も持ってもらう仕組みに変えていきました。すると、少しずつ社員の目線が社長ではなくお客様へと向くようになっていきました。そして社員ひとりひとりの取り組みが積みあがり、会社の成長が加速しました。

 社長による強烈なトップダウンも、会社や組織が立ち上がったばかりの頃は有効かもしれません。しかし、組織が大きくなるほど、会社は社長だけではなく社員一人ひとりの頑張りがないと成長できなくなっていきます。必要なのは、天才のリーダーではなく、社員それぞれが自発的に動く姿勢。それを最大限引き出してあげられるのが、凡人のリーダーなのです。

(構成/3分間レッスン編集チーム)

■冨澤昌宏(とみざわ・まさひろ)
メガネトップ代表取締役社長。1981年、静岡県生まれ。大学卒業後、大手広告代理店に就職。2005年にメガネトップに入社し、翌年グループ会社のフィットミー代表取締役社長就任。09年より現職。12年には業界売上1位へ業績を押し上げた。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
有名トップも配信
最強ビジネスリーダーになる
「3分間レッスン」
[無料公開版]2022年8月4日発行
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
*本メールマガジンの無断転載・転送は著作権法により禁じられています。